結婚はゴールではなくスタート

結婚のことを、「ゴールイン」なんて表現したりすることもありますよね。確かに、婚活中は結婚こそが幸せなゴールであるように感じるかも知れません。

しかし、離婚率が低く、ほとんどの人が一人の人と添い遂げていた大昔の時代ならいざ知れず、離婚率や再婚率が高まり、芸能人の再再婚なども珍しくなくなった現代では、結婚が異性との関係のゴールだと思うのはいささか無理があるようです。

現代の日本では、結婚は二人の関係のゴールではなく、夫婦という新しい関係を作り始める為の出発点だと考えた方が良いでしょう。

結婚と同時に結婚式を挙げる予定があるのなら、まずはその段取りや、二人の生活に必要となる金銭を算出してどのくらい必要となるのか割り出すところから始まります。

最近では低予算で出来るプランなどもあり結婚式の予算は大分下がってきましたが、ごく身内を呼んで式と簡単な食事会をする場合でも、会場費や案内状、引き出物や神父や会場スタッフの人件費などで50万円程度はかかりますし、豪華な結婚式を行うとすれば数百万は当然で、会場や演出に凝ったりすればいくらあっても足りません。

また、新居で二人の生活を始めるとなれば、家財道具一式や敷金、礼金などが必要となり、この場合でも1から揃えるとなると最低でも数十万円、高い家具を買ったり家賃の高い場所を選べば数百万円必要になります。

このように、結婚式をして二人の生活を始めるだけで多額の金銭や労力が必要となり、その後の生活にはもっと大変なことや辛いことも待っています。

出産や育児は一筋縄ではいきませんし、大不況といわれている現代では勤めている会社が倒産したり、リストラされたりするもの珍しい話ではありません。

しかし、素晴らしいパートナーとそのようなことを一緒に乗り越えていくのは、何よりの喜びとなり、自分を高めることになります。

婚活中に「幸せな結婚生活を送れそうな人」を探すのも一つの方法ではありますが、「辛いことを一緒に乗り越えられそうな人」を探すことが出来れば、本当のゴールまで共に歩いていけることでしょう。

↓おすすめの婚活サイト。男女ともに登録は無料。婚活パーティーもあるのでおすすめします。

恋愛力増加計画!踏み出す勇気が幸せをもたらします(18歳以上限定